ごあいさつ

会長 宝珠院住職 堀 秀航

 仏教公伝は538年百済の聖明王から大和朝廷・欽明天皇へ仏像・経典などを送ってきたことに始まるとされますが、それ以後約1500年、紆余曲折を経て、仏教は日本人の心情・思想等に大きな影響を与えるとともに、四季の変化と相俟って、日本的心情、思想を取り込んで日本仏教として定着するようになりました。

 しかし、時とともに世情の変化は常ですが、経済社会・消費社会の変動する現代の社会において、心の平静、明日への希望が見出せなく、混迷の中で苦しんでいる方々も大勢おられます。お釈迦様の教えは、今なお必要とせれており、み教えを伝える僧職の任は、誠に重大と感じております。

 桐生仏教会は、仏教の正道を実践し正法を流布して、社会を教化善導することを目的とし、100年来桐生の皆様と数々の事業を行い、お釈迦様のみ教えを地域の皆様と実践してまいりました。

 今般、平成30年度桐生仏教会会長の任にあたり、先達の教えを支えとして、時代の変化に対応し、桐生仏教会54ケ寺の会員のご協力を賜り、心豊かな・慈愛に満ちた桐生市を目指し、教化事業と会員共生・親睦に取り組む所存です。

皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                    堀 秀航 九拝

 
Copyright(C)2008 kiryu Buddhist Federation. All Rights Reserved