しんごんしゅうぶざんは はちまんざん ほうらくじ
真言宗豊山派 八幡山 法楽寺
●住 所:桐生市広沢町6-825
●TEL:0277-54-4457  FAX:0277-54-4457
【本  山】 総本山長谷寺(奈良県)
【本  尊】 十一面観音 【開  山】 行基菩薩
【開  基】 祐伝法師 【開  創】 和銅元年(708年)
【住  職】 山田亮賢 【副住職】 山田照賢
年中行事
◆3月 彼岸会
◆8月13日 盂蘭盆会(迎え火)
◆9月23日 施餓鬼会

 当寺は、和銅元年、行基菩薩が諸国行脚の折り当地に立寄り小寺を造営し、仏像を安置して行ったとされこれが当寺の始まりと言われている。
 その後、天喜5年(1057年)、藤原家、八幡太郎義家公は朝廷の命に随わぬ奥州の阿部貞任と宗任の兄弟を討伐するため、藤原家の勢力圏内でもある当寺に立ち寄り戦勝祈願をし、長い戦いの末阿部兄弟を討伐し、康平元年(1058年)3月、戦勝のお礼参りのため上野の国広沢郷の賀茂神社と当寺前に舞台を造営して、法楽の舞を奏上したと言われている。後にお供の周東刑部左ェ門は当地に残り、八幡太郎義家公の命により敵味方戦没者の慰霊のため、当寺を建て替え山号を八幡太郎の八幡を取り八幡山とし、寺号は法楽の舞を奏上したところから法楽寺と名付け、その後、元禄の始めに下野の国小俣の鶏足寺より祐伝法師を招請して法相宗より真言宗に移り大正まで護摩を焚き祈願道場でもあった。又神社分離前の明治に至るまでは賀茂神社の別当であり、八幡山賀茂ノ坊法楽寺と称し、明治までこの名で呼んでいた。
 当寺の本尊は千手観音立像であるが、十一面観音と三目八臂の不空羂索観音を合体させたような形を示す。製作時期は室町時代、又特殊な像容の像だが、県内では室町時代まで遡る作例は少なく、貴重な作例といえる。
【文化財】
法楽寺御正体(三体)
「毘沙門天」 高さ 15.4cm、鏡面幅 21.0cm、鏡面厚 l.2cm
            
「吉祥天像」 高さ 14.1cm、鏡面幅 16.7cm、鏡面高 17.7cm、鏡面厚 1.2cm
            
「善風師童子像」 高さ 9.8cm、鏡面帽 16.5cm、鏡面高 16.8cm、鏡面厚 0.9cm
            
御正体
各々像と鏡面を含み、ケヤキの縦一材から造る。像は半肉彫。現状、彩色は大略剥落。
制作時期は南北朝〜室町初期。
新四国五十一番札所 東上州二十五番札所

江戸時代建立
千手観音立像
(室町時代)
法楽寺御正体(三体)
南北朝〜室町時代
も ど る
Copyright(C)2008 kiryu Buddhist Federation. All Rights Reserved