こうやさんしんごんしゅう びょうどうざん みょうおんじ
高野山真言宗 平等山 妙音寺
●住 所:桐生市西久方町1-4-31
●TEL:0277-22-6228  FAX:0277-46-2845
●URL:http://www.ktv.ne.jp/~strong/other/Myouonji/index_m.htm
【本  山】 高野山金剛峯寺
【本  尊】 不動明王 【開  山】 不明
【開  基】 不明 【開  創】 天文年間(1532〜54)以前
【住  職】 村上祐尊 【副住職】 村上祐真
【前住職】 村上聖豊
年中行事
◆1月28日 不動明王護摩供養祭
◆春彼岸入りの日 施餓鬼会 
◆8月14日 新盆供養会 
◆秋彼岸中 うなぎ供養会 

 当寺は、寛政年間(1789年〜1802年)と天保13年(1842年)に火災にあい、残念ながら重要な記録のほとんどを焼失してしまいましたが、残っている仏像・石塔その他から推察すると、天文(1532〜1554年)以前の開創と思われます。
 古くは、善明院と称し堤村五本木(現在の堤町2丁目)にありましたが、桐生新町創設の折、由良氏の招請により、天正13年(1558年)頃現在地に移転したようです。
 移転当初は、まだ善明院として布教活動していたようですが、寛永10年(1633年)幕府が統制を計るにいたり、慈光山善明院妙音寺と名称が変わり、江戸時代末期には、現在の平等山慈光院妙音寺となったようです。
 天保の火災では、百体観音を安置したサザエ堂より出火したといわれ、本堂・庫裏に至るまで全焼しましたが、難を逃れた観音像が25体現存しています。
 現在の本堂は、当山24世祐長の代に再建されたもので、昭和3年11月23日完成いたしました。
 過去の火災や、大正12年の関東大震災を鑑みて、耐震耐火の鉄筋コンクリートで造られましたが、桐生では初めての事で、全国でも例がまだ少なく、大変苦労があったようです。
 平成元年には、檀信徒会館善明閣が完成し、空手道を初めとする各種武道により、青少年の健全育成がおこなわれています。
 又、現在中学生の副住職祐真(真魚)もダンスを得意とし、ストロングマシン2号の名でテレビ番組やCM等に出演し、国内はもとより海外からもイベントのオファーがくる人気ぶりで、妙音寺の布教活動を担っています。

本堂
昭和3年11月23日完成
不動明王三尊仏
十一面観音と如意輪観音を
脇侍とする珍しい三尊仏
山門
書上家から移築された山門
も ど る
Copyright(C)2008 kiryu Buddhist Federation. All Rights Reserved