そうとうしゅう ずいうんざん ぶんしょうじ
曹洞宗 瑞雲山 文昌寺
●住 所:桐生市菱町3-1964
●TEL:0277-43-2128  FAX:0277-43-2131
【本  山】 大本山永平寺 大本山總持寺
【本  尊】 虚空蔵大菩薩 【開  山】 応山牛喚大和尚
【開  基】 不詳 【開  創】 元禄9年(1696年)
【住  職】 大澤正邦 【副住職】 大澤邦裕
年中行事
◆1月1日〜5日 厄除祈願祭 
◆1月5日 大般若会(大祭) 
◆4月第四土曜日 施食会 
◆4月第四土曜日 地蔵祭(千灯供養) 
◆12月31日 除夜の鐘 
◆随時開催 旅行 その他 

 瑞雲山文昌寺は、眼界近く桐生市街を見下ろし、脚下桐生の清流を聴き、近く渡良瀬川の長流を眺め、遠く上毛三山を仰ぎ見ることのできる無上の好適地に天台宗寺院として創建されたが、いつ創建されたかは定かではない。(一説では室町時代後半とも云われる)
 その後、元禄9年(1696年)本寺鳳仙寺8世応山牛喚大和尚が信施を集めて当寺を再興し、寺観大いに隆昌するが、当寺16世耕田大牛大和尚代天保14年(1843年)3月12日、町谷の「荒神大火」によって全山焼失し一堂もあまさなかった。
 それまでは、現在地よりやや北方の山腹に建てられていたというが、これを機に現在地に仮堂を造建し同年8月、17世大孝隆道和尚が入山し元治元年(1864年)本堂を修復した。その後、20世大光徳雄大和尚が本堂再建を発願するが、大東亜戦争勃発の為に中絶となった。また昭和46年(1971年)4月27日にも原因不明の火災にて本堂・庫裡等全てを焼失し、22世大圓雄鳳大和尚が時の総代・世話人と協議の結果、本堂再建にあたり昭和48年(1973年)近代的な鉄筋コンクリート造りの本堂、続いて庫裡も再建された。その後、古くから祀られていた「子育地蔵」の地蔵堂再建、更に昭和60年(1985年)には鐘楼堂も建立され、現在のような伽藍が整備された。
 隣接地には、旧下野の国、菱・小俣領主「細川内膳」の開基とされる旧天台宗西善院の境内地跡、及び内膳公の墓地があり、寺は明治5年(1872年)に廃寺となり、現在は墓地等全て文昌寺に合併管理されている。
 また、郷土史に記載されているように、古くから「子育地蔵尊」が安置され、毎年4月24日、9月24日の2回は大祭を行っていた。最近では年1回四月第四土曜日に施食会に合わせ、子育て地蔵祭「千灯供養」の大祭を行っている。
 最近では「水子地蔵」の寺としても広く名を広め、裏山には遊歩道も整備され散策を兼ねた老若男女の参詣も多くなっている。
 近年にしてようやく伽藍も整い、平成8年(1996年)に多目的な檀信徒会館の建設、平成18年(2006年)には書院・庫裡の再建、更には墓地造成もなされ年々境内の整備もすすんでいる。

鐘楼堂より、本堂・庫裡を望む

 
本堂内部

書院より裏庭を望む

も ど る
Copyright(C)2008 kiryu Buddhist Federation. All Rights Reserved